日米好決算、中国株高で日経平均上昇について

日米好決算、中国株高で日経平均上昇
8月7日(火)の
日経平均は
前日比155円高
22,662円
と上昇しました

週明け
6日(月)の
NYダウは
39ドル高
25,502ドル
と前週末に続き上昇しました

好業績を発表した銘柄が買われ
ダウは上昇しました
ただ
米中貿易摩擦の先行き不透明感から
上昇は限定的でした

米中貿易摩擦の再燃懸念が残るため
日経平均は下落する場面がありました
ただ
週明けのNYダウが上昇したことや
発表が始まった
日本の主要企業の4~6月決算が総じて堅調で
この日の上海株式市場も堅調であったことから
日経平均は上昇して引けました

NTTデータ<9613>
が2013年以降の高値を
スズキ<7269>続きを読む

日経平均小幅高も中国懸念でTOPIX下落について

日経平均小幅高も中国懸念でTOPIX下落
週末
8月3日(金)の
日経平均は
前日比12円高
22,525円
と上昇しました

2日(水)の
NYダウは
7ドル安
25,326ドル
と前日に続き下落しました

米国による
中国からの輸入関税引き上げにより
米中貿易摩擦の懸念が強まり
ダウは下落しましたが
一昨日好決算を発表したアップルの上昇が続き
ほかのハイテク株も買われたことから
ダウは下げ幅を縮小しました
ナスダック総合株価指数は
3日連続で上昇しました

米国のハイテク株高を受け
東京市場でも一部のハイテク株が買われ
日経平均は僅かに上昇しました
ただ
米中貿易摩擦の再燃懸念が残り
上海/香港株式相場も冴えないことから
東京市場でも株式を売る動きが強まり続きを読む

立会外分売とは?メリットや買い方を初心者向けに解説!について

立会外分売とは?メリットや買い方を初心者向けに解説!

立会外分売とは売買立会時間外で、企業や大株主などの大量の売注文を多くの投資家に分売する方法です。読み方は「たちあいがいぶんばい」。投資家数の拡大や、流動性の向上などを目的に多数の銘柄で実施されています。割引価格で購入できる上、購入手数料も無料なので有利な投資手段と言えます。

お金がないときの過ごし方はこんなにある!5つの選択について

お金がないときの過ごし方はこんなにある!5つの選択

給料日前や出費が続いたときなど、お金がないとひもじい思いになるという人がいます。しかし、金欠状態で、お金がなくても、充実した時間を送る方法はいろいろあります。お金とは縁のない世界を作って、自分なりのエコライフを楽しんでみませんか?

前週の米国ハイテク株安受け、日経平均167円安について

前週の米国ハイテク株安受け、日経平均167円安
週明け
30日(月)の
日経平均は
前週末比167円安
22,544円
と下落しました

前週末
27日(金)の
NYダウは
76ドル安
25,451ドル
と4日ぶりに下落しました

決算を発表した
半導体大手のインテルに対し
複数のアナリストが投資評価を引き下げたことから
ハイテク株が売られました
ナスダック総合株価指数は
114ポイント安
7,737ポイント
と大幅に下落しました
ダウは
週間では392ドル上昇しました

前週末の
米国市場におけるハイテク株下落を受け
週明けの東京市場でも
ハイテク株が売られ
日経平均は下落しました
31日(火)に
日銀金融政策決定会合を控え<
続きを読む

金欠に負けない!お金がないときの金持ち流生活とはについて

金欠に負けない!お金がないときの金持ち流生活とは

「午堂さんはお金がないときはどのように過ごしていましたか?」という質問をいただき、参考になるかはわかりませんが、私の過ごし方をご紹介します。今から12年ほど前、私が初めて不動産投資を始めたころのことです。

週末ダウは76ドル安、週間では392ドル高について

週末ダウは76ドル安、週間では392ドル高
週末
27日(金)の
NYダウは
76ドル安
25,451ドル
と4日ぶりに下落しました

決算を発表した
半導体大手のインテルに対し
複数のアナリストが投資評価を引き下げたことから
ハイテク株が売られました
ナスダック総合株価指数は
114ポイント安
7,737ポイント
と大幅に下落しました
ダウは
週間では392ドル上昇しました

NYの外国為替市場では
1ドル=111円台と
東京市場(1ドル=110円90銭~111円10銭)と
ほぼ同水準で引けました

シカゴ日経平均先物は
22,605円と
東京市場における日経平均終値
22,712円
を下回って引けました

週明けの
日経平均は
下落して始まると予想されます
続きを読む

日経平均前日比125円高も週間では14円高について

日経平均前日比125円高も週間では14円高
週末
27日(金)の
日経平均は
前日比125円高
22,712円
と上昇しました

26日(木)の
NYダウは
112ドル高
25,527ドル
と3日連続で上昇しました

米国とEUで
一部商品の関税引き下げで合意したことを
貿易摩擦懸念の緩和と
前日に続き好感し
米国株式が買われました
好調な4~6月決算を発表銘柄が買われたことも
株式相場を押し上げました
交流サイト大手のフェイスブックが
将来の利益率低下を示唆したことから売られ
ナスダック総合株価指数は
下落しました

米国と欧州の摩擦懸念後退と
連日のNYダウの上昇に加え
1ドル=110円90銭~111円10銭と
前日(110円70~80銭)に比べ
円安ドル高で推移したた
続きを読む

ファンダメンタルズとは?その意味や分析方法を解説!について

ファンダメンタルズとは?その意味や分析方法を解説!

ファンダメンタルズとは国や企業等の経済状態を表す基礎的な要因です。国や地域なら経済成長率や物価上昇率、企業であれば売上や利益、財務内容等を指します。株式投資のファンダメンタル分析とは、企業業績や財務内容から割安な銘柄を選出することを指します。

18年度最新版!牛丼株主優待ランキング利回り4%超について

18年度最新版!牛丼株主優待ランキング利回り4%超

牛丼の株主優待券を出している銘柄の中での配当利回りランキングの2018年度最新版です!すき家、松屋、吉野家……、利回りだけでなく、使い勝手も加味した評価でランキングしました!牛丼チェーンをよく利用する方には、必見、必読のランキングです!