欧米株安受け日経平均64円安について

欧米株安受け日経平均64円安
週末
7月7日(金)の
日経平均は
前日比64円安
19,929円
と前日に続き下落しました

6日(木)の
NYダウは
158ドル安
21,320ドル
と前日に続き下落しました

ECB(欧州中央銀行)が公表した
6月理事会の議事要旨から
金融政策が緩和から正常化に向かうとの見方が広がり
欧州主要国の長期金利が上昇し
ドイツの株価指数は下落しました
この流れを受け
米国でも
長期金利が上昇し
株式は売られました
また
7日(現地日時)に
米雇用統計の発表を控え
一旦株を売る動きが強まりました

欧米の金利上昇と株安を受け
日経平均も下落しました
東京市場でも
米雇用統計を前に
株を売る動
続きを読む

金持ち父さんの「ピンチをチャンスに変える」方法について

金持ち父さんの「ピンチをチャンスに変える」方法

皆さんごぶさたしています、ロバート・キヨサキです。お金や投資の勉強は進んでいますか? 今回はとくに、ペーパーアセット(株式、債券、投資信託などの金融商品)投資に関するお話です。少し難しく聞こえるかもしれませんが、大事なことなので最後まで読んでみてください。

NY休場、日経平均49円高について

NY休場、日経平均49円高
7月5日(水)の
日経平均は
前日比49円高
20,081円
と上昇しました

4日(火)は
独立記念日で
米国市場は休場でした

前日に北朝鮮がミサイルを発射し
やや情勢が緊迫化している中
安全資産とされる円が買われ
1ドル=112円台後半まで
円が強含んだことから
外需株の業績改善期待が薄れ
日経平均は下落する場面がありました
しかし、その後
1ドル=113円台へと円が弱含んだことから
日本株を買う動きが強まり
日経平均は上昇して引けました

三井金属鉱業<5706>
が2013年以降の高値を更新しました

日経ジャスダック平均は
7円高
3,255円
と上昇しました

ローツェ<6
続きを読む

欧米安受け、日経平均186円安について

欧米安受け、日経平均186円安
月末で週末
30日(金)の
日経平均は
前日比186円安
20,033円
と下落しました

29日(木)の
NYダウは
167ドル安
21,287ドル
と下落しました

EU、英国において
金融当局の要人発言から
金融政策が緩和から通常に向かうとの見方が広がり
欧州株式相場が下落した流れを受け
米国では
これまで相場をけん引してきたハイテク株が売られました

欧米株下落により
リスク回避の動きが強まり
安全資産である円を買う動きが強まりました
米ハイテク株下落に加え
1ドル=111円台へと円高が進んだことから
外需株の業績改善期待が薄れ
日経平均は下落しました

日経ジャスダック平均は
69銭安
続きを読む

NYダウ143高、日経平均89円高について

NYダウ143高、日経平均89円高
29日(木)の
日経平均は
前日比89円高
20,220円
と上昇しました

28日(水)の
NYダウは
143ドル高
21,454ドル
と上昇しました

米景気は底堅いと改めて意識され
米金利が上昇したことから
利ザヤ拡大が期待される金融株が買われました
IT(情報技術)関連株も上昇し
相場を押し上げました

NYダウ上昇に加え
1ドル=112円20~30銭台で
円が安定して推移したことから
日本株に対する安心感が強まり
日経平均は上昇しました

三菱ケミカル<4188>
ソニー<6758>
NTTデータ<9613>
が2013年以降の高値を更新しました

日経ジャスダック平均は
14
続きを読む

買いシグナル「三川明けの明星」は有効か!?について

買いシグナル「三川明けの明星」は有効か!?

「酒田五法」をご存知でしょうか。これは、1700年代に米相場で活躍した天才相場師・本間宗久が考案したチャート分析法です。酒田五法は、大きく分けて「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」の5つの要素があります。今回はこの中でも、「三川」の買いシグナル、「三川明けの明星」の有効性について検証を行いました。

欧米高受け日経平均71円高について

欧米高受け日経平均71円高
27日(火)の
日経平均は
前日比71円高
20,225円
と3営業日連続で上昇しました

週明け
26日(月)の
NYダウは
14ドル高
21,409ドル
と5営業日ぶりに上昇しました

イタリア政府が経営危機の銀行の破綻処理を決めたため
金融の健全化に繋がるとの期待から
欧州の金融株が買われた流れを受け
米国市場でも金融株が買われました
一方で
ハイテク/ネット株の一部が売られ
ナスダック総合株価指数は
下落しました

欧米株の上昇に加え
東京市場では
一時は1ドル=112円台まで
円高が進んだことから
業績改善が期待される外需株が買われ
日経平均は上昇しました
この日は
6月末の配当を受け取る権利のある最終日のため続きを読む