2月の相場格言(節分天井彼岸底)は、間違い?について

2月の相場格言(節分天井彼岸底)は、間違い?

「節分天井彼岸底」という相場格言をご存じですか? この格言は、「2月上旬(節分)からは、企業の決算が集中する3月下旬(彼岸)まで下落しやすい」という相場の傾向を表しています。今回は、この相場格言がホンモノかどうか、検証してみました。

2019年の投資信託の騰落率ベスト10!トップは基準価額が約2倍となる好成績について

2019年の投資信託の騰落率ベスト10!トップは基準価額が約2倍となる好成績

2019年は2018年と打って変わり世界同時株高の1年となりました。主要国の株価指数は軒並み二桁の上昇となったのですから、投資信託の運用成績も好成績だったはずです。2019年の1年間、どんな投資信託が好成績だったのか見ていくことにしましょう。

将来の不安とどう向き合う?サバイバル時代を生き抜くヒントについて

将来の不安とどう向き合う?サバイバル時代を生き抜くヒント

同じ日本に住んでいても、「世の中は甘くない」という人がいる一方で、「世の中楽勝」という人もいます。そこから気がつくことは、物事をどう捉えるかで、自分の目に映るものも違って見えるということです。

今のうちに買いたい2月の優待銘柄、注目の2選!【2020】について

今のうちに買いたい2月の優待銘柄、注目の2選!【2020】

株主優待が人気の企業は、権利確定日に向けて優待目的の買いが入りやすくなります。早いうちから株主優待銘柄に注目することで、値上がり益が期待できるでしょう。今回は、今のうちに買っておきたい2月優待銘柄をご紹介します。

子どものお年玉は貯金させないほうがいい理由とは。有意義な使い道は?について

子どものお年玉は貯金させないほうがいい理由とは。有意義な使い道は?

子どものお年玉は親が管理するべきか否か。お正月といえばお年玉。子どもにとっては楽しみなボーナスですが、親戚の多い人にとっては出費がかさむ頭の痛い時期かもしれません。それはともかく、お子さんを持つ人なら、自分の子どもにもお年玉をあげると思います。そこで今回は、子どものお年玉の使い道について、ひとつの提案をしたいと思います。

必要?不要?金持ち流「年賀状」についての考え方について

必要?不要?金持ち流「年賀状」についての考え方

年賀状は必要か不要か。年始に年賀状を送ることは季節の礼儀のひとつとして、今年も準備をしている人も多いと思います。しかし時代が変わり、これから先の未来、年賀状を送るという行為はお金持ちとは逆行する習慣になるかもしれません。

1月のご祝儀相場では食品株が狙い目?について

1月のご祝儀相場では食品株が狙い目?

1月相場は「ご祝儀相場」として投資家に広く知られています。年末最後の立会いである大納会に続き、年明け最初の立会いである大発会にもご祝儀の意味を込めた買いが入りやすく、株価上昇しやすい月と言われています。今回は1月の株式市場の傾向や、1月に上がる可能性のある業種について、過去の株価データから統計的に検証してみました。

1月にディフェンシブ株を買ってはいけない?について

1月にディフェンシブ株を買ってはいけない?

例年、1月は相場全体で見ると上がりやすい傾向がありますが、市場ごとに見てみるとそれぞれ傾向が異なるようです。それぞれの市場でどのような傾向があるのでしょうか。また、この時期に下がりやすい傾向のある要注意銘柄はどのような銘柄でしょうか。確認してみましょう。