60代は投資をする意味がある? 現役引退後でも、やはり投資はすべき?について

60代は投資をする意味がある? 現役引退後でも、やはり投資はすべき?

60代になるとなんとなく「引退」を意識するタイミングになり、投資をする意義を感じられないかもしれません。でも人生100年をベースにすると、あと40年生きることになります。70歳まで働くとしても、その後のお金の不安が出てきてしまいます。60代は投資をどう考えていけばいいのでしょうか。

子どもにお金がかかる40代ができる投資とは?について

子どもにお金がかかる40代ができる投資とは?

子どもがある程度大きくなり、学費などでお金がかかる40代。まだまだ若者世代である一方で、お金への不安は尽きません。投資をするお金を捻出するのが大変で、投資がしづらいという悩みも。そんな40代は投資をどう考えればいいのでしょうか。

【2021年】6月に大型株を買うと損をする?について

【2021年】6月に大型株を買うと損をする?

6月相場は、ボーナス月ということもあり、個人投資家が意欲的に株を買い付ける時期といわれています。その一方で、ほとんど値上がりしない銘柄もあります。それが「大型株」です。今回は6月相場の中でも、株価が軟調に推移する傾向にある銘柄をご紹介します。

70歳まで現役が見えてきた今、40代は何にお金を使ったらいいのだろうについて

70歳まで現役が見えてきた今、40代は何にお金を使ったらいいのだろう

人生100年といわれる時代の中で、40代はどんなことにお金を使っていけばいいのでしょうか。高年齢者雇用安定法の改正があり、働く時間が長くなってきます。40代の社会での立ち位置を踏まえたお金の使い方を考えていきましょう。